春の記念日にみつせ鶏

SDGsへの取り組みについて

 
ヨコオは持続可能な農業を追求し、SDGs(持続可能な開発目標)の理念を取り入れた「循環型農業」を実践しています。直営農場に堆肥場を設け、赤鶏の鶏糞を熟成させて肥料にし、フミン酸を添加して土づくりにこだわった肥料として地域の契約農家が飼料米を生産します。この取り組みにより、エコシステムの保護や地域の持続可能な農業の促進といったSDGsの目標に貢献しています。 さらに、定期的に飼料米生産農家同士の勉強会も開催し、持続可能な農業の実践を共有・協力し合うことで、社会的な結束を生み出すことも目指しています。ヨコオはSDGsの枠組みの下、土作りから始まる循環型農業により、持続可能な農業と社会の発展を追求しています。